IMG_1801.JPG

国を制覇した将棋の先生 

 

けんぞうさん

出身 越知町

お住まい 町内

いつから    生まれてからずっと 

あだ名 けんぞうさん 将棋の先生

思い出の歌 星影のワルツ、石原裕次郎の王将夫婦駒 

​好きな芸能人 吉永さゆり

越知町の魅力 自然!仁淀川

越知町の好きな場所 お嫁さんの里。黒瀬キャンプ場の近くに畑があり、週3~4日そこで黒瀬公園でお昼を食べるのが日課

けんぞうさんの日課

愛犬との散歩。宮の前公園と横倉山を眺めながら、仁淀川の川原を歩く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事:越知の小学校、越知中学校に通い、卒業後、佐川高校に入学。

卒業後は越知町役場で42年間勤務、43歳で建設課課長4年、その後、税務課長兼、副収入役を務め、一旦退職、52歳からは2期8年、特別職の収入役を務めた。

 

役場退職後は、社会福祉協議会会長を3期6年、佐川・越知・日高シルバー人材センター理事長を2年間、務めた。

現在は町民会館の将棋サークル理事。また、日本将棋連盟高知県連合支部副会長。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けんぞうさんここすごい

 

全国制覇まで成し遂げた、将棋

将棋の腕前は、知ってのとおりプロ!数々の全国大会に四国及び県代表で出場。42歳の時、全国制覇を成し遂げる。

 

憲三さんの将棋ストーリー

 

昭和62年度全国支部名人

南海王将通算11期(永聖南海王将)

アマ名人戦県代表9回

朝日名人戦四国代表6回

竜王戦県代表4回

全国支部名人戦県代表7回

赤旗名人戦県代表6回

将棋6段、憲三さん自ら発起人である日本将棋連盟高吾支部支部長(S39~H28年現在53年間)日本アマチュア将棋連盟四国ブロック理事(S62~H8の10年間)日本将棋連盟高知県連合支部(H22~現在、8年間)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※上 平成6年10月号の高知新聞掲載

※下 平成3年12月号の広報掲載

 

 

じめたきっかけ

 

小学1年生の頃、祖父から将棋を習い、祖父に勝ち、いつも将棋仲間が集まる近所の理容店で、おんちゃんに混じって将棋をしていた。

中学の頃には越知で№1になるなど、プロを目指したら、とのお誘いもあった。

 

変だったこと

腕を上げるため,高知市内の将棋クラブに通い、真剣勝負で腕を上げていった事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第23回高知県文化環境功労賞受賞

長きにわたって、将棋界を牽引され、高知大学医学部将棋部の講師を2年務められた。また文化推進協議会では、子ども将棋教室や将棋サークルで活動を行ってきた事など、後進の育成にも尽力された事が文化の振興に貢献された。

高知県で団体5組、個人が2名が受賞。なんとその個人2名の1人が憲三さんでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生で一番嬉しかったこと

国支部名人戦で優勝(全国制覇)を飾り、新聞・テレビでも報道され、越知に帰ってきた時、横断幕で迎えてもらえた事が嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和62年広報の表紙を飾りました!

 

 

生エピソード

 

の1

高知大学医学部の将棋部で二年くらい講師をされた。

5年前からOBがOB会を14名立ち上げて、2年に一回同窓会を開いている。県外出身者が多かったので、高知県(地元で二回)、岡山、大阪、東京などで、けんぞうさんを招いて開催している。

 

の2

高知県のアマチュア将棋界の頂点を決める「南海王将」を獲得した時に

佐川署の教養日の席上で、部外講師として招かれた。(平成7年7月17日)

講演内容は「勝負と運と人生について」!

まさに、憲三さんの人生そのもの!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

継者

佐川での教え子(友人の孫)、小6,中1の兄弟。この二人に将来性があり、プロを目指して頑張ってほしい。

 

う一つすごいこと教えます

​絵描きの才能もあったとは!

実は、憲三さんは将棋だけでは終わらない。

中学2年生から粉末のコンテで人物画を描いていた。

消しゴムは使えない方法なので一発勝負!

仕上がりは2日間。

仕事を貰うほどの腕前で、主に人物の依頼を受けていた。

近所の方の遺影など、高校三年の時、佐川高校の校長、市川千秋さんの肖像画を描いたのは憲三さんである。

同級生の父が絵が達者で、3か月間習って、絵を描いていた。

絵を描いている時の名前は、(画名)憲峰!さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50年前の作品。モデルは祖父。本物の写真と思えるくらい、芸術作品!!

 

尾方のつぶやき

 

将棋への熱い想いを語ってくれた、けんぞうさん。

全国を制覇した時の気持ちってやっぱり最高なんだろうな‥。

尾方も、いつも挑戦!とりあえず詩吟、頑張ろう!

 

 

ご協力ありがとうございました。

 

​​​知のおじやん図鑑

越知町役場企画課 

地域おこし協力隊 尾方美貴

までの歩み

IMG00147.jpg
22041985_850407645137288_106402299103902
スクリーンショット 2018-10-19 11.11.44.png
IMG_0105.JPG
IMG_0108.JPG
48084966_317701425500921_190954924584992
48380814_967869450080336_839719790882219
スクリーンショット 2018-12-14 10.31.33.png
スクリーンショット 2018-12-14 13.23.29_edited.png