町中のいたるところに作品が並ぶ!

木彫りアートの達人! 

 

こうちゃん

出身 日の浦

お住まい 日の浦 

いつから日の浦に? 生まれてからこのかたずっと

あだ名 こうちゃん

越知町の魅力は? カラオケボックス(歌う事が大好きな幸蔵さんは、自宅にカラオケがあるほどのカラオケ好き!何度が私も歌わせて
もらいました♪)

越知町の好きな場所

ポエム(越知町内にあるカラオケスナック。ママの手作りのおでんが美味い!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

までの歩み

 

68歳まで建築大工をしていた。

建築関係の仕事をしていた為、こんなに繊細な木彫りを作れるようになったのだろうか

 

 

 

 

 

 

 

こうちゃんの【ここすごい

木彫りアート

 

自らの山から木を採取してきて、一つの丸太と土で木彫りの置物を作り上げる。
写真などを見て作ることもあるが、それは、色合いや形を確認するだけで、あとはその場のインスピレーション。
木の根やカズラを使って作ることもある。

作品は、たぬき、ふくろう、小鳥、鷹、飼犬「シロ」まで何千もの作品を今まで手がけてきたとのこと。
精巧に作られているので生きているかと思うほど、、その表情は、なんとも愛らしくおちゃめ。魅せる作品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彫りをはじめたきっかけ

 

仕事を退職してから何か始めようとした事がきっかけで、木彫りをはじめた。

​今では、日の浦のあじさい祭りの季節になると、作品展示小屋に出店している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変だった事

 

一から作品を作り上げる為、手や足、細かい部分を作るのが大変。

色づけの時、全ての色が一体化しないといけないので、途中、休憩ができなく、それが深夜でも一気に仕上げないといけない!
しかし、好きでやっている事なので苦にはならない。
どんなに難しい作品でも今まで一度も投げ出したことがない。
必ず、こうとする作品に仕上げてきた、男気溢れる幸蔵さん。
そんな幸蔵さんを支えてきた、妻のつるみさんは「日の浦や越知にこんな人は他にいないのでは」と、話してくれた。
沢山手がけてきた作品を、お客さんが買ってくれた事や喜んでくれた事が嬉しかったと、幸蔵さん。あじさい祭りで作品を買ってくれたお客さんに、娘がメキシコにいるから贈りたいと買ってくれた方がいて、その後、贈ったことを伝えに、また足を運んでくれた事もあったと、いい表情で語ってくれた幸蔵さん。

 

生で一番嬉しかったこと

 

幸蔵さん夫妻が出演した、高知放送のエコラテ宣言がCM制作で20年ぶりに王冠を飾り、幸蔵さん夫妻もお祝いパーティーに呼ばれたそう。

社長さん、審査員さん、女優さんなど多くの方と祝杯を挙げられた。

賞をもらえると思ってもみなかったが素敵な思い出になられたそうです。

 

You Tube『RKC エコラテ宣言 CM』で検索!

 

生エピソード

 

素敵なお庭に小鳥が、餌をちょうだいと、家の窓ガラスをコツコツとツツいて来るのが日課だったそうです。

手に止まってエサを食べてくれる程、懐いてきた小鳥も。
動物に好かれる幸蔵さんは、以前飼っていたインコのピーちゃんを、卵から孵化させて、ヒナから育てたそうです。
おしゃべりが上手で教えたことは、ちゃんと覚える賢い子。

発音も良く、都はるみの「あんこ椿」の1番を、全部歌えるほど!

自分の事も「日の浦44番地で生まれたピー子です」とお話してくれる。
ぜひ一目会ってみたかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾方のつぶやき

尾方さんかぇ?と元気に声をかけてくれるおしどり夫婦。RKCのエコラテ宣言はクセになるくらい面白い。つるみさんとこうぞうさんの掛け合いが最高!愛らしい作品に癒されご夫婦に癒され、また会うのが楽しみな尾方です。

ご協力ありがとうございました!

知のおじやん図鑑

​越知町役場企画課 

地域おこし協力隊 尾方 美貴